フリーエンジニアの青色申告

フリーエンジニアとして個人で仕事をしていく際に気になることは、何と言っても経費である。たとえば依頼を受けて打ち合わせに行く場合があるときの交通費などがその代表例である。

この個人事業主として税務署から認められれば、いわゆる雑所得ではなくなるため、経費で様々なものが処理できるようになる。これにより、収入があった時でも経費を合法的に収入と相殺という形で納税しなくてもよい収入になり得る。
おおよその目安としての収入がどの程度であるかだが、毎月10万円以上はコンスタントに稼いでいることや、定期的に収入が一定以上あることなどを税務署は青色申告可能かどうか、要件としている。ただし、税務署ごとで多少の判断の差異はある模様のため、白色申告ではなく個人事業主としての青色申告を認めてもらえるかどうかは、よく税務署に確認する必要がある。

給与所得者並みに控除が受けられることになる一方で、この青色申告については会計帳簿など簿記の知識が必要となる。大企業のように複雑な経理知識は必要ではないが、ある程度の簿記会計の知識は持っておいたほうがよいのは言うまでもない。また、会計帳簿を作成する都合上、領収書などは確実に保存し残す必要もある。個人事業主でよくあるのは、こうした領収書が行方不明になるおそれが生じることであるから、管理を徹底するなどの自己管理がより厳格に求められる。場合によっては、税理士などに依頼することも考慮すべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です