万能さこそが適性

一般的なエンジニアとしてIT企業に勤務する場合には適材適所で仕事が割り振られていくことになる。特に企業として規模が大きくなればなるほどそういった傾向は強く、エンジニアは技術者としての専門的な能力を発揮することさえできれば仕事をしていくことが可能である。しかし、企業を離れてフリーエンジニアとして働く場合にはエンジニアとしての能力だけでは活躍していくことが難しいことは肝に銘じなければならない。

フリーエンジニアとして成功の道を歩むための適性は広く言ってしまえば万能さである。企業において適材適所によって多くの人が担ってきた仕事を一人で行わなければならなくなる。そのため、経理や営業、事務といったあらゆる仕事を担える万能さが必要になるのである。特に重要となるのが営業活動と経理であり、この二つを欠いてしまうといかにエンジニアとして優れていても収入をあげていくことができないだろう。

エンジニアとしての仕事を行うためにはそもそも仕事を手に入れなければならず、そのためには営業活動が必須になる。企業に赴いて自己アピールをする能力など、ビジネス能力が不可欠になるのである。一方、個人事業主となるため、所得に応じて納税を行う義務が生じる。青色申告をすることで節税を行うことができるが、その経理にかかわる事務的な仕事が収入を増やすために重要になる。こういった専門外の仕事を厭わずに手際よく行えることが必要なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です